スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Symfony2勉強会に行ってきました。#Symfony2study

11/20 Symfony2勉強会に行ってきました。

内容は以下の通りです。
・3部構成のワークショップ
@chobi_eさんのLT
@fivestrさんのLT
・パーフェクトPHPの著者の一人@fivestrさんのサイン会

ワークショップのスライドはこちら。
http://www.symfony.gr.jp/blog/20111121-symfony2-workshop-1

LTを行った@chobi_eさんのスライドはこちら。
http://d.hatena.ne.jp/chobi_e/20101121

今回の勉強会は企画を立てて一人で司会をこなした@hidenorigotoさんには当然感謝なのですが、個人的には@chobi_eさんに今回一番感謝しています。
本来自分で環境作るべきところを仮想環境のイメージを作っていただき、当日はエラーが出る度に見てもらってかなり助けていただきました。本当にありがとうございます。

以下、感想。
Symfonyを使うとモテるらしい。
Symfonyを使うとモテるらしい。
はい、大事なことなので二度言いました。

ワークショップ本編の感想としては環境の構築から人にお願いしてるような状況なので全然前準備が足りなくて第一部の基礎編はどうにかついて行けたのですが、第二部のMongoDB ODMでは完全について行けませんでした。
前準備大事です。
ついて行けませんでした。で終わらせたら意味が無いので個人的に復習します。
第三部は急遽ライブコーディングが始まったりしましたが無事終了。

その後、二本のLTがあり無事第一回Symfony2勉強会が終了しました。

すでに第二回の開催も決まっているので次回はきちんと準備して参加したいと思います。

その後、懇談会で鍋食って、2.5次会、Symfony2Midnightと明け方5時迄深い話が聞けてとても良かったです。
懇談会ではブログを読んで是非直接話しが聞きたいと思っていた@HIROCASTさんと話が出来て、Midnightでは@brtriverさんに「日本でSymfonyが盛り上がってるのは開発者に伝わってないし、Symfony2は今ならまだ意見を取り入れてもらえるから英語でどんどん発言しないとダメ」(かなり割愛してます)と言われてかなり考えさせられてほんとに濃い一日でした。
少しずつでもいいから英語でコミュニケーション取れるようにやれることから始めようと思います。

スポンサーサイト

社内で技術発表を行いました。

社内で技術発表を行いました。
もう色々とダメダメだったのでブログにアップするかは迷ったけど自戒の意味でブログにアップ。
メンバーが何を聞きたいのかきちんと理解出来ていなくて、ただ発表することが目的の技術発表になってしまった。
見せるのが恥ずかしいスライドも作成したけど、そりゃうまく伝わらないよって言われそう。
symfonyで作成したcrud機能を見せようと思ったら仮想環境のIPの設定しくっててうまく動かないし。

次回、頑張ろう。



発表後に出た意見
・基本的なメリットではなくて導入したら具体的にどう変わるのかを聞きたい。
→「こんな感じです。」みたいに動かしながら説明したかったのですが、出来なくてすみませんでした。
・本当にSQLとか書き換えなくても大丈夫なのか?
→DB固有の関数とかを使用している場合はコードの修正が必要です。
・フレームワークのバグなどはどうするか?
→コミュニティに報告すれば対応してくれると思います。(問題があったので直しましたよでも可)
・コミュニティの活動状況やバク対応のスピードはどんな感じか?
→Symfonyに関して言えば比較的活発に活動してると思います。
 バグ対応状況はきちんと把握出来ていないです。すみません。
・誰でも同じようなコードが書けるならうちで開発を行う必要性がなくなってくるが、そうなった場合何に価値を置いてクライアントにアピールするか?
→設計や保守などサービスでアピールするしかない。
検索フォーム
カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
RSSリンクの表示
last.fm
twitter
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。